プチファスティング=プチ断食(1日1食)の勧め! 効果抜群!

健康のこと

やってみたら、体が軽い!

但し、育ち盛り、発育途上の未成年者の方や、妊娠中の方は控えたほうが良いでしょう。

プチファスティングの勧め! 多くの有名人が1日1食!

船瀬先生によると、

ビートたけし、タモリ、水谷豊、千葉真一、GACKT、京本政樹、

ピンクレディー未唯mie、作曲家の三枝成彰、

 

プロゴルファーの横峯さくらさんのお父さんの証言では、

スタミナ・持久力となると、肉食はダメ。

肉食は脂っこいものは消化エネルギーをたくさん使うので、

それだけでスタミナを取られてしまう。

トーナメントウィークは一切肉類は口にしない。

代わりにタンパク源は、納豆、豆腐、魚から摂る。

主食の米は、発芽玄米、腹持ちもいいし、

ビタミンBとマグネシウムが豊富だから、

筋肉を動かすための栄養が豊富に入っている。

 

その他、アスリートで断食実践者は多い。

大リーガーのダルビッシュ有投手、陸上の為末大選手、

横綱白鵬も厳密な食事指導を実践して優勝を重ねている。

俳優や文化人で、若さを保っている人に共通するのは、

小食であること、ファスティングを実行していることです。

 

プチファスティングの勧め! なんと不食の人も!

私が何度かお会いしたことのある鍼灸師の森美智代さんは、

もう20年以上も一日青汁一杯(約50キロカロリー)のみで暮らしていて、

笑顔の素敵なお体もお顔もふっくらした女性です。

更に私の知人の弁護士秋山佳胤さんは、

なんと水も取らなくても何年も普通に生きていました。

まるでヨガの修行僧のような生活をしておられましたが、

とても元気で肌はとても綺麗でした。

ただ頬がこけていてちょっと貧相に見えたのが、

ちょっと難点でしたが、それでも生きられるという証ですね。

※最近、結婚されてから食事を取られていると聞いています。

へ〜人の身体って不思議ね〜! 太陽光だけで生きていけるの?

私は、食べることが趣味なのでそんな生活はしたくはないですが(笑い)

人間より体温の高い動物はなるべく食べないようにしています。

1日一食は無理なく続けられています。

 

プチファスティングの勧め! 1日16時間以上胃が空っぽ!

果物を除く食物は“消化するのにエネルギーを使う”のです。

こんな順番で、野菜→炭水化物→肉類

朝から晩まで絶えず食物を取っていると、内臓を休める時間がありません。

 

「食べる工夫でなく、食べない工夫をしましょう!」沖正弘(沖ヨガ創始者)

なので単に少食というのではなく、

時間を空けることで内臓を休めることと同時に、

絶えず飢餓感を与えることで生命力も強まるのです。

 

ヨガ教書には

「断食(ファスティング)は、万病を治す妙法である」

空腹を楽しもう!

人間の体内には赤ん坊からお年寄りまで、

毎日5,000個のがん細胞が生まれていると言われています。

それなのになぜガンにならず健康でいられるのでしょうか?

それはNK細胞が毎日癌細胞を攻撃、殲滅してくれているからです。

すなわちNK細胞が増えるということは、

癌への抵抗力が増えるということなんです。

 

 

なぜ?プチファスティング(1日1食)は効果があるのか?

一日一食→空腹感→幸福感→エンドルフィン(快感ホルモン)分泌→

(免疫力の源泉)NK(ナチュラルキラー)細胞増加→ガン予防(治療)

というメカニズムのようです。

(消化に使うエネルギーを免疫力を上げるエネルギーに変える)

 

体を飢餓状態にすることで、生命力を高めるだけでなく、

胃壁、腸壁、血管に付着している脂肪などを消化し、

血管、内臓のお掃除にもなりますね。排毒、排泄です。

抗老化遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、

体の細胞を若返らせる。というのですね。

 

 

私は、現在、63歳ですが、通常は室内で事務作業をするぐらいで、

パソコン、携帯電話、スマホなどで、コミニケーションし、

内外で、人にお会いする程度で、激しい肉体労働をしておりません。

 

20年ほど前に、肥満を感じていた時、

朝は排泄の時間と聞いて、朝食は食べないようになりました。

すると次第に午前中はお腹が空かなくなりました。

それで無理なく1日2食にして少しスリムになりました。

 

ところが中年太りの下腹部がどうしても減っこまない。

そこで、還暦を迎えたのをキッカケとして、

1日1食に挑戦してみたのです。

最初は、午後になると空腹感を感じたのですが、

飲み物を飲んでいるとその空腹感が治るようになりました。

お陰様で、ぽっこり下腹部もなくなり、

なんと睡眠時間も3〜4時間で目覚めるようになりました。

 

ここ5年ほど前から懇意にさせて頂いている

環境・健康関係のジャーナリストとして有名な

“1日1食の実践者”船瀬俊介先生が筋骨隆々なので、

思い切って先生の真似をしてみたのです。

 

先生は15年ほど前から、1日1食を貫いていて、

それも基本ビーガン(菜食主義者)です。

 

さあ、始めてみましょう! プチファスティング(1日1食)!

先ずは、朝食だけ抜いてみましょう!

急に始めると体が慣れていないので、

低血糖症になることもあり、無理をしないことが大切です。

そして次は昼か夜、昼だけ食べるのが一番良いようですが、

私は、まだ晩酌の習慣が抜けないので夜に食べています。

徐々に徐々に体を慣らしていきましょう!

だんだん体が軽くなるのを感じるようになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました